就職して1年

きっとこのブログ見てる人なんてもう居ないだろうなぁーと思いつつ、自分で勝手に就職して1年経つし節目だなぁと思いブログ書いています。まぁ、完全に自分のための日記だと思って。

今日はウチの会社の現場の人が嘱託を満了されて会社を去るということで、慰労会がありました。その人は、ウチの会社の工場にある8000Tonプレス機を動かすオペレータとして、その腕を評価されて北九州マイスターに認定された人で、我が社の工場にこの人有りと言わしめた人でした。
会社の創立当初から工場を支えてきた人だけあって、今日の慰労会には有志のみを募集したにもかかわらず、ほぼ工場内全員と他の部署からも大勢の人が集まって60人以上の規模でした。だれからも愛されて、みなから認められ、逆にみんなを認めてくれていた人でした。自分はまだまだ入って1年しか経ってないぺーぺーだったけど、公私にわたって様々なことを教えて貰い、いくら感謝してもしきれないくらいお世話になりました。
最近はニュースでも団塊の世代が会社を去り、技術が技能が失われて行っているといいますが、確かにこういう1つの道を究めたプロフェッショナルが引退されるのは残された後輩にとって心細い事と思います。ただ、そんな先輩方が支えてきたくれた会社だからこそ潰す訳にはいかないし、期待に応えなければ申し訳ないとみんなが思っていれば、きっと先輩方よりもっと技術を持った人材が育ち、技能が失われるどころか発展させていくことが出来るはずだと今日の慰労会に参加して真剣に思いました。

自分も自ら選んだこの会社で、1年間毎日夜遅くまで残業して、次の日も朝から夜までフルで働いて何度も辞めたいと思うことがあったけど、先人の苦労に比べたらこんなもの大したこと無いと自分に言い聞かせて頑張ってきた1年でした。とりあえず、高専を卒業するときに言われた「どんなに仕事が辛くても3年は頑張ってみろ、なにかが見えてくるから」という言葉を信じて、まだまだ頑張ろうと思います。
とりあえず、今日で1年。まだハッキリと将来の姿が見えるわけではないけれど、昨日より今日、今日より明日、毎日成長することを心がけて頑張っていこうと思います。

専攻科卒業組のみんなも、一緒にがんばっていこうぜ!
[PR]
by ko-hey1224 | 2007-04-02 22:25 | 雑記
<< ダウン 雑記 >>